<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2018年 05月 21日
Telefunken VF14 tube
今回の話題は録音関係の方にしか興味がないかも知れません。最近ビンテージの真空管マイクが値上がってしまいU47tubeマイクで15000〜20000ドル、M49で15000ドル、U67で10000ドルと高額になりました。U47tubeのマイクの中で使用している鉄製のチューブも高騰です。
Neumann U47の内部のチューブが4500ドルを超えました。とても程度の良いウルトラCのチューブでNOS(new old stock - not use)です。VF14は黒い塗装の金属でおおわれた真空管です。1947年頃にマイクのチューブとして採用された真空管です。私もTelefunken U47のマイクロフォンを2本持っていて予備のVF14をと思って3200ドルでビットしましたが、アウトビットでした。
d0192712_09522169.png

下記の写真、これは私の持っているVF14(右)です。VF14と同じ形のチューブにはEF14,UF14があります。電圧がそれぞれ違うのですが、VF14の代わりにUF14も無理して使用できます。ただし、発熱して寿命がすぐ来ます。
d0192712_10412962.jpg
以前、ヨーロッパからVF14を購入して取り付けましたが、数年後にノイズがでてくるようになったので中のチューブを見てみたらVF14の4の数字が閉じていないフェイクものでした。多分EF14かUF14を書き換えているものと思います。現在もネットでフェイク物が販売されています。
d0192712_10412943.jpg
下記の写真のVF14はフェイク(まがい物)ではないかと思います。数字の4の字が空いています。3000ドル以上のビットがされていますが、買った後で使えなくなる予感がします。
d0192712_11121925.png


by yukimune3 | 2018-05-21 09:49 | レコーディング
2018年 05月 08日
AAO 2018 #5 尾島賢治先生、山城隆大阪大学教授
6日午後最後に昭和大学歯学部卒業の尾島賢治先生はインビザラインでの治療の加速について講演されました。
なぜ加速されるかという具体的な内容を期待しておりましたが、
叢生の素晴らしい治療結果の発表でした。
d0192712_15004784.jpg
たくさんの症例を発表せれておられました。

d0192712_14585651.jpg
最後の日程に山城隆大阪大学教授の口蓋裂に関しての発表です。ヨーロッパ矯正などでは口蓋裂や難病の患者さんの治療に関する発表にはたくさんの先生が聴講されますが、アメリカ矯正学会では関心が少し少ないように思われます。ヨーロッパの国では保険制度が充実しており、口蓋裂や外科治療はもちろん、叢生にかんしても程度によって保険で治療されます。アメリカでは外科矯正や矯正治療が基本的に自費です。患者さんの親の不幸から、日本では福原教授が厚生省に談判して口蓋裂治療が保険適応になった経緯から、口蓋裂や外科を要する下顎前突など、指定の難病の矯正治療が保険適応です。
d0192712_14585719.jpg
d0192712_14585768.jpg
最終日は午後すぎに終了します。学会の商社展示も1時半までです。5日間お疲れ様でした。


by yukimune3 | 2018-05-08 14:58 | 矯正歯科 | Comments(0)
2018年 05月 06日
AAO 2018 #3 森山啓司教授、新井一仁教授、Benedict Wilmes教授
朝早く8時からの森山啓司医科歯科大学矯正科教授の講演です。
組織のお話です。随分以前に同じAAOで三浦教授の歯の移動の骨細胞の映画が発表された内容を思い出しながら聴講しました。
d0192712_14265381.jpg
最後に2020の日本で開催される世界矯正学会のコマーシャル。
d0192712_14265360.jpg
続いて、新井一仁日本歯科大学教授の矯正用ワイヤーについて、
アイデアルと実際によく売れているワイヤーに関しての発表です。
日本国内のマーケットについてでしたが、大変面白い内容です。
d0192712_14265457.jpg
d0192712_14265431.jpg
続いて別会場でBenedict Wilmes ヂュッセルドルフ大学臨床教授のベネフィットシステムによるクラス3の治療についての発表です。
会場満杯でたくさんの先生が立ち見で聴かれていました。
d0192712_14265434.jpg
口蓋にスクリューを植立するときどの位値が安全かを示しています。
下記の緑色のTゾーンと呼ばれる上顎の前方では第ひだの部分と正中口蓋の部分です。
d0192712_14265480.jpg
ベネディクト・ヴェルメス教授はベネフィットシステムについてAAOで、毎年講演されています。
d0192712_14265460.jpg
d0192712_14265534.jpg
口蓋にスクリューを2本植立して、拡大スクリューによって口蓋を開いています。
急速に拡大することでスーチャー(縫合)が外れて上顎骨を前方に移動することが可能になります。
骨格性クラス3(受け口)の上顎骨劣成長の小児の場合に特に有効な治療方法とされています。
詳しくは8月4日(土)、5日(日)のドレッチャー教授のセミナーにご参加ください。



by yukimune3 | 2018-05-06 14:26 | Comments(0)
2018年 05月 05日
AAO 2018 #2  菅原準ニ先生、池田和巳先生
1986年のAAOに参加して以来2018年の今年まで実に33年間お休みせず参加しています。
ここ数年はブースを出していませんが、過去15年間ほど当社のAtoZのソフトを展示してきました。
今年は日本から発表される先生の講義を全て聴いてみようと思っています。
トップバッターは菅原準ニ先生。外科矯正のお話で、Surgery Firstです。
d0192712_14030914.jpg
昨年サンディエゴでも菅原先生はお話されたのではないかと思います。

d0192712_14030930.jpg
続きまして、池田和巳先生のTMJのお話です。昨年に続いてのスピーチですね。
d0192712_14030959.jpg
池田先生は日大歯学部卒業後、ペンシルバニア大学矯正科を卒業されておられるので英語も流暢です。
d0192712_14030913.jpg
期間中、講演を聞く以外はPSM社のブースにいました。



More それから。。。

by yukimune3 | 2018-05-05 14:02 | Comments(0)
2018年 05月 04日
AAO 2018
5月の連休中ですが、アメリカ矯正学会に参加のためフライト。小松空港から羽田、成田へと移動。
成田からワシントンDCまでUAの直行便で14時間です。
d0192712_13481514.jpg
羽田行きの窓から富士山を撮影。山頂の雪も少なくなりました。
d0192712_13481573.jpg


More それから

by yukimune3 | 2018-05-04 10:00 | 矯正歯科 | Comments(0)