2019年 04月 16日
咬合調整
顎が痛いと最近訴えている娘のために、スプリントを作成してあげましたが、少し落ち着いたようです。
咬合の調整をお願いに伊藤先生(自由が丘、ランドマーク歯科様)のところに本日は診断です。
娘の口腔内ですが、上顎右犬歯が叢生で前歯部のガイドができていません。
d0192712_15272871.jpg
咬合器は伊藤先生開発のITOです。シオダ製です。この咬合器理論をもとに当社のCephaloMetrics AtoZのdigi-ARTIが製作されました。
d0192712_15272808.jpg
しっかりした作りの咬合器です。興味のある方は当社までご連絡ください。

d0192712_15272859.jpg
伊藤先生は咬合調整でもいいが、矯正治療を勧める。と言われましたので作戦変更です。







d0192712_15272900.jpg
伊藤先生と





by yukimune3 | 2019-04-16 11:00 | 歯科関係 | Comments(0)


<< 東京の夜景      福井大学 同窓経営者の会 委員会 >>