2014年 02月 01日
Leica Elmar-M 24mm f3.8 ASPH
Leica Elmar-M 24mm f3.8 ASPH の写りについて
Leica M ( type 240 ) 、ドイツにお願いしていた修理が上がって来たのでライカ銀座店さんに取りに行ってきました。昨年、丁寧に扱っているつもりでしたが、このボディーをぶつけてしまいました。問題なく写せたのですが、レンジファインダーがズレているので見ていただいたら、それどころではなく、中の基板が外れかかっていて重傷でした。急遽ドイツに送って修理していただきました。ありがとうございます。ライカ様。それと前からお願いしていた Elmar-M 24mmもピックアップしてその帰り道で撮影しました。

d0192712_2394020.jpg

 銀座の有楽町駅の近くにある岡本太郎さんのオブジェ、この前にあった大きなビルは取り壊されて今新しいビルを建設中です。銀座にはもう一つ大きなビルの松坂屋銀座店さんも解体され新しく建設されます。この2つのビルが完成すると銀座は相当にぎやかになるのではないかと思います。

 Leica Elmar-M 24mm f3.8 ASPH, Leica M ( type 240) ISO 200, f4.8, 1/60


d0192712_2392636.jpg

 選挙ポスターを同じくElmar-M 24mm にて撮影しました。

 Leica Elmar-M 24mm f3.8 ASPH, Leica M ( type 240) ISO 200, f11, 1/45


d0192712_2391244.jpg

 この上の写真は2枚目の選挙ポスター風景の細川さんと舛添さんの写っている部分を拡大したものです。このレンズの解像度いいですね。
 Elmar-M 24mm f3.8 ASPH は2008年にデビューした最近のレンズです。24mmは人間の目で見たイメージの画角に近いと思います。周辺歪みも少なくシャープな写りです。とても気に入っています。

by yukimune3 | 2014-02-01 16:00 | ライカ | Comments(0)


<< 森愛(もりあ)さんの踊り      パネライ PAM 382 ブロンゾ >>