2012年 10月 26日
第6回国際会議IFUNA平泉大会(2)
第6回国際会議IFUNA平泉大会はセレモニーも含めると4日間行われました。October 25 - 28, 2012
d0192712_1572363.jpg
d0192712_157316.jpg







d0192712_1571666.jpg
会長のMichael Gorbonos先生と、Babara Bimler先生。
d0192712_1563595.jpg
ポスターでも話題性のある装置の発表もありました。
d0192712_157461.jpg
鶴見大学の中村教授(右)、と石川先生。懇親会が始まる前のちょっとしたリラックスタイム。
d0192712_1592398.jpg
氷室大会長の音頭で乾杯。

d0192712_1593047.jpg
お元気で楽しく挨拶された
三浦先生。
d0192712_1593646.jpg
三浦先生は大会で特別講演をされるので抗がん剤の治療をわざわざ遅らせられたとおっしゃてられました。今年の5月AAOハワイから帰られて検査を受けられて見つかったそうです。
d0192712_1594334.jpg
大会長の氷室先生と三浦先生。

d0192712_158386.jpg


d0192712_1581064.jpg


d0192712_1585031.jpg



d0192712_159756.jpg



d0192712_159146.jpg

d0192712_15494639.jpg

里美先生とマニトバ大学矯正歯科の教授

d0192712_1585980.jpg
IFUNAの発足にダブルマイケルがかかわっています。昨年亡くなったマイケル・ローデス氏とマイケル・ゴルボノス先生です。IFUNA立ち上げの頃から私はゴルボノス先生とはやり取りをしていたので、親しくさせていただいています。マイケル氏が生きていたら私たち3人は盛り上がったでしょう。残念です。

d0192712_1595084.jpg

左から、Michael Gorbonos IFUNA会長、氷室大会長、野村先生、茂木先生、菅原先生、山口前教授

ウェッブサイトは
http://www.oralfunction.org/
本会議の詳しい抄録のpdfは
http://www.oralfunction.org/static/file/IFUNA2012Proceedings.pdf

 今大会のお世話頂いた先生は氷室利彦大会長、Michael Gorbonos IFUNA会長,伊藤率紀実行委員長、里美優実行副委員長、ありがとうございました。ファンクションアプライアンスや無呼吸症候群、舌トレーニングなど興味ある先生は是非この国際会議に参加されては如何でしょうか。来年はフランス•パリで開催されます。
抄録のPdfは
http://www.oralfunction.org/static/file/IFUNA2012Proceedings.pdf

by yukimune3 | 2012-10-26 15:05 | 矯正歯科 | Comments(0)


<< BMFカポ      第6回国際会議IFUNA平泉大会 >>