カテゴリ:ギター( 16 )

2017年 02月 25日
Martin D-28 #1〜#4
私のマーチンD-28は現在8本あります。

D-28 1972年製 ニューヨークのギターバイというお店せ買ったギターです。1970年製からバックとサイドの材料がハカランダからインディアンローズウッドに変わっています。トップはシカトスピルースです。
d0192712_1835297.jpg

バックはローズの柄です。
d0192712_18351724.jpg


1997 D−28 ハンク・ウイリアムズモデルです。ハンクは1941年製と1944年製のD-28を使用していて、1941年の1つはニールヤングが持っていて、もう一つは亡くなった加藤和彦氏が持っていました。加藤さんが亡くなってオークションに売りに出されていました。このリイシューは1944年をベースに1997年に150本製造されたハカランダ、シトカスプルースの記念すべきマーチンの最初のミュージサヤンモデルです。
d0192712_18352890.jpg

バックとサイドは柾目のブラジリアンローズウッドです。
d0192712_18353918.jpg


2003 クラレンスホワイトモデルのD-28です。
サウンドホールが大きく開いています。トップはアディロンダックスプルース、サイドバックはブラジリアンローズウッド(ハカランダ)です。2000年代のゴールデンエラシリーズの最後の方に制作されて28デス。
d0192712_18354823.jpg

バックは綺麗なハカランダ
d0192712_1836168.jpg


2012、トップはアディロンダックスプルース、サイドバックはココボロ-
ローズウッドです。ニカワで接着しているので音の響き方が速い感じです。

d0192712_18422031.jpg


バックは相当黒い色目です。
d0192712_18422980.jpg



by yukimune3 | 2017-02-25 10:30 | ギター | Comments(0)
2016年 12月 03日
レスポール ’58 2015
レスポール '58 True Historic Reissue model 2015年製について
レスポールバーストの左から58年モデル、59年モデル(BZF)、60年モデル(BZF)
d0192712_14292596.jpg

私の持っている全てのレスポールは指板(Finger boad )がブラジリアンローズウッド(BZF)ですが、新たに指板がそうじゃないローズウッドがやってきました。'58 True Historic Reissue model 2015です。
音は太めで弾きやすいネックです。ただブラジリアンローズウッド(BZF)ではありません。
d0192712_20545292.jpg


More それから。。。。

by yukimune3 | 2016-12-03 10:00 | ギター | Comments(0)
2014年 05月 05日
Martin D-28 Authentic 1941 vs 1937
Martin D-28 Authentic 1941 vs 1937



 マーチン社の代表モデルのD-28、そのD-28の戦前のモデルの復刻バージョンです。

 トップの板がアディロンダック・スプルース、側板と裏板がブラジリアン・ローズウッドではなくマダカスカル・ローズウッド、ネックはTバー、木の接着はにかわ(Animal glue,動物の皮や骨)で行っている。2本とも同じ作り方で材料もほぼ同じですが、ナットとサドルの材が1941は象牙、1937は牛骨です。ブレーシングの位置(ギターの表の板を支える背面の力木のXで交差する位置)が1941と1937では違います。1937年はサウンドホールよりにありましたが、ブリッジが弦のテンションで浮き上がってくることから交差する場所をブリッジ側に近くして強度を持たせたのですが,音が少し地味になっています。またネックの幅が1937はネックで1-3/4''12th Fret: 2-1/4''です。1941はネックで1-11/16''12th Fret: 2-1/8''と41年モデルが細くなっています。1937年のブリッジの位置の弦の幅(Bridge String Spacing)は 2-5/16'' です。1941のString Spacingは、 2-1/8''と少し狭くなっています。私の感想ではネックの幅が音に影響があると思います。チューニングが1937年モデルの方が安定していて音もしっかりサスティーンがかかります。1958年と1960年の Gibson Les Paul(ギブソンレスポール)の音の違いみたいな感じがします。

 1950年代半ばをすぎるとMartin社のギターの音はまた変わって行きます。トップの材が殆どアディロンダック・スプルースが使われずシトカ・スプルースになった事や強度を増す為に板厚を厚くしたり、ネックもアジャスタブル(ネックの曲がりを鉄芯で修正できる方法)で曲がりやすく製造した事等から音は変化して行きました。

 このD-28 Authentic 1937年モデルはマーチン社ギターのゴールデンエラ(黄金時代)の完全復活版と言えます。

by yukimune3 | 2014-05-05 16:59 | ギター | Comments(0)
2014年 05月 03日
Martin D-28 Authentic 1937
 Martin D-28 Authentic 1937が日本に入ってきました。多分世界で最初の方のデリバリーではないでしょうか。どんな音がするのか見にきました。
 5月3日の午後、クロサワ楽器さんを尋ねました。
d0192712_1854142.jpg
聴いてみて抜群のサウンドです。
 にかわ接着、Tバー、アディロンダックスプルース(ベアークロー)です。側板と裏板は柾目のマダカスカルローズウッド、フォーワードXブレーシング。何をとっても現時点での最高のチョイスです。41年モデルとは明らかに音が違います。

 ジョンメイヤーさんの日本公演に合わせてマーチン社からMs Amani Duncan 副社長、カスタム製造の責任者、海外営業責任者 Mr. Ric Foreroさんの3人が来日されクロサワ楽器楽器お茶の水店に来られました。忙しいお時間の中、お時間を頂きありがとうございます。
d0192712_18524851.jpg


More それから........

by yukimune3 | 2014-05-03 18:51 | ギター | Comments(0)
2014年 03月 03日
D-28 Authentic 1937
2014年モデルでD-28 Authentic 1937が発売されます。d-28を好きな方には待ち望んだギターですね。何故かと言うと、にかわで接着、アディロンダックの表板、フォワードブレーシング、ヘリンボーン、マダカスカルローズウッドなどのスペックで1937年のD-28のレプリカが手に入るかもしれないですから。

d0192712_16565290.jpg
これらの写真はD-28 Authentic 1941

 D-28 Authentic 1937は2007年にもサイドとバックの材がハカランダで発売されています。(価格は39,999ドル)今回の2014年と同じ名前です。生産された数はトップはアディロンダック・スプルースです。ワシントンDCに住む方のミントコンディションの1937年モデルをコピーして製造された。トップのヘリンボーンの形状がオリジナルより細い。にかわで接着。約50本製造

また2009年にmuseum modelでMartin D-28 Museum Edition 1941価格14,999ドル、サイドとバックの材がマダカスカルローズウッドです。このオリジナルはMartin Museumにある1941年のモデルをコピーしています。

2013年にD-28 Authentic 1941(価格7,999ドル)が発売されました。途中から価格が8,499ドルに変更になっています。日本国内では価格は変更されませんでした。定価945000円、販売価格756000円。日本よりアメリカの方が早く売れてしまいました。

そしてD-28 Authentic 1937、価格は8,499ドルです。マーチン社のD-28 Authentic 1937の紹介のページ
 http://www.martinguitar.com/new/item/3433-d-28-authentic-1937.html

More

by yukimune3 | 2014-03-03 10:31 | ギター | Comments(0)
2013年 11月 06日
Gibson 1934 Origina Jumbo Flattop Reissue
ギブソン 1934 ジャンボ Gibson 1934 Jumbo Flattop Reissue,今年のNAMM'13で発表されたOrigina Jumbo です。
d0192712_11195811.jpg
d0192712_1120213.jpg

忠実に再現されたJumboです。トップはアディロンダックスプルース、バックとサイドはマホガニーです。Xブレーシング、指板はローズウッド、ニトロセルロース塗装。
1934年 〜35年の2年間にしか製造されなくてすぐ
Advanced Jumbo.....Southern Jumbo...J-45...へと発展してゆきます。
クロサワ楽器ドクターサウンドさんのyoutube



実はこの写真のギターは彼が日本で試奏したビデオのギターです。

d0192712_1593832.jpg
ギブソン社の彼は大阪で楽器フェアーがあるのでギブソン社のアコ−スティック部門のトップと来日しました。彼はYouTubeにも時々出る人なので、記念撮影をお願いしました。とても感じのいい方です。彼とドクターサウンドの岡崎店長さんとはアメリカの自宅に招待される程親しい間柄です。ちなみに岡崎さんは世界で一番多くギブソンアコースティックギターを販売しているそうです。

More

by yukimune3 | 2013-11-06 16:00 | ギター | Comments(0)
2013年 10月 30日
Martin D-28 Authentic 1941
Martin D-28 Authentic 1941 モデル
d0192712_17123316.jpg

アメリカから1台、日本のクロサワ楽器さんから1台計2台、D-28 Authentic 1941が届きました。
とても素晴らしい楽器です。
トップはアディロンダックスプルース、バックとサイドはマダカスカル•ローズ、ネックはマホガニー、指板はエボニーです。ニカワで接着していて、アジャスタブルネックではなくTバーのネックです。つまり1941年の頃の製法をまねて全てにわたってのレプリカなのです。2013年はじめにアナウンスされて、出荷は6月過ぎてからで、日本の総代理店のクロサワ楽器さんに約5本ほど入荷しました。海外ではほとんど出回らず、10月の下旬になってチラホロ見かけるようになりました。
アメリカから来た方のD-28 Authentic 1941は3月にオーダーして10月の末にやっと手元に届きました。

More それから....

by yukimune3 | 2013-10-30 17:17 | ギター | Comments(0)
2013年 10月 15日
Martin
d0192712_1751948.jpg

マーチンギターのサウンドホールのパール貝の飾り

by yukimune3 | 2013-10-15 11:00 | ギター | Comments(0)
2013年 09月 27日
お茶の水 Dr.Sound クロサワ楽器
d0192712_17112878.jpg
お茶の水駅も中々綺麗ですね。
d0192712_17111854.jpg
いつ壊されてしまうか心配です。
d0192712_1711841.jpg

お茶の水のクロサワ楽器さんへいつものひげの山口さん、
d0192712_17104836.jpg
ルーマニア製のクラシックギターがとてもお安くて音もいいのだそうです。
d0192712_17105836.jpg


by yukimune3 | 2013-09-27 14:08 | ギター | Comments(1)
2013年 01月 28日
Martin D-28 Cocobolo
Martin CS-D-28-12(マーチン・カスタムショップ・D-28・2012年モデル・ココボロ)
d0192712_14542691.jpg
アディロンダックスプルースのトップ(天板)、側板・裏板はメキシコ産のローズウッドのココボロで作られた膠(ニカワ)仕上げのD-28。ピン・サドル・ナットがマンモス象牙。塗装は極薄。アジャスタブルネック。限定150本。

More

by yukimune3 | 2013-01-28 14:53 | ギター | Comments(0)