2017年 01月 24日
レナード・バーンスタイン
音楽家として指揮者で作曲家でピアノ奏者の3つの才能を持ったレナードバーンスタイン。
私の好きな指揮者です。SONYから80枚組のCDセットとグラムフォンから60枚CDセットが2セット発売されていたのでそれぞれ購入しました。トータル200枚のCDです。
d0192712_14402974.jpg

ドイツのグラムフォンからは
d0192712_1440205.jpg

ところでいつも疑問に思っていたことがありました。どうしてもグラムフォンの音が好きになれないのです。音が遅れて聞こえるのと、奥行き感がまるっきりチグハグな感じで盛り上がる気分にならないのです。いろいろ聞いてみると、じつはグラムフォンの録音がデジタル録音だったものが多いのです。
今回購入したCDセットのグラムフォンのケースの角に黄色でデジタルレコーディングとマークされているのです。(CDジャケットの上の黄色いマーク)
d0192712_14401687.jpg

こちらはSONYから出されたCDですが、アナログ録音です。
d0192712_14401358.jpg

SONYの録音とグラムフォンの音は結構違います。1950年代、60年代のSONY(コロンビア)のCDはアナログのテープによるレコーディングです。1970年代から80年代のグラムフォンではデジタルの調整卓(yamaha)を使ってデジタル録音していたそうです。詳しくはわりませんが、私はグラムフォンの録音は好きになれません。
演奏がいいとか悪いとかよく言われることがありますが、素人の演奏家とは違い演奏者はプロなのです。皆さん上手ですし、一流のミュージシャンです。しかし聞き手は記録された音によってその音楽を評価します。つまり録音によって大きな影響があると思います。

by yukimune3 | 2017-01-24 17:01 | 音楽 | Comments(0)


<< 新宿ゴールデン街 ことじさん      お母さんと赤ちゃん >>